So-net無料ブログ作成
今日のつぶやき(books) ブログトップ
前の5件 | -

ミャンマー関連本 読みました [今日のつぶやき(books)]

いつのまにかso-net Blogは40日間更新がないと広告だらけになることに代わっている。
60日間だったので安心していたのに。

高野秀行さんのソマリランド本謎の独立国家ソマリランドがとても売れているようですが、いまだ未読です。

なんですが、↓の本に影響を受けて、図書館の東南アジアコーナーでミャンマー関連本を借りてみました。
アヘン王国潜入記 (集英社文庫)
ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)

一番面白かったのはこれ。

ビルマとミャンマーのあいだ―微笑みの国と軍事政権

ビルマとミャンマーのあいだ―微笑みの国と軍事政権

  • 作者: 瀬川 正仁
  • 出版社/メーカー: 凱風社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本


ミャンマーに惹かれた作者が優しきミャンマーの人々のことや軍事政権による残念なことを記しています。
パゴダをピカピカに修復してしまって、歴史的建造物なのに観光資源として台無しにしてしまうが、それは
先住民族の残した遺跡なので、政府にとって都合が悪かったからとか、ふむふむとよくわかりました。
小乗仏教を信じているので、来世のためにと貧しくても他人にとても親切にしてくれる沢山の人々。
一番驚いたのは、アウンサン将軍もそれに取って代わった軍事政権の主要人物も日本軍で訓練を受けたので、
戦時日本の悪政である、隣組による監視制度や密告が残っているということ。
日本の負の遺産がいまだに残っているのはなんだかいやなことです。

その前に読んでいたこの本でも、「ミャンマー人は日本人に学ぶべきだ」と80年前に言っていました。

ビルマ商人の日本訪問記 (別世界との出会い 2)

ビルマ商人の日本訪問記 (別世界との出会い 2)

  • 作者: ウ フラ
  • 出版社/メーカー: 連合出版
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本


1936年に日本にやってきたビルマ人青年実業家が見た日本各地の様子が綴られています。
日本での見聞をビルマの新聞に書き送ったものを書籍化したので、「ビルマ人も日本人のように〇〇すべきだ」と言った内容があちこちに出てきます。
そのころの日本製品は今の中国製品のように、値段の安さから世界中で売られていたようです。
アジアの中で工業製品を輸出できるレベルまで産業が発展していたのは日本だけだった。
80年前の海外旅行記としても読めるし、80年前の日本を知ることもできて、なかなか面白かった。
しかし、当時のビルマ人としてはかなりお金持ちな青年だったのだろうな。

最後は今となってはあまり内容をよく覚えていないこの本。
一番最初に読んだせいかも。

イラワジの赤い花 ――ミャンマーの旅

イラワジの赤い花 ――ミャンマーの旅

  • 作者: 中上 紀
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1999/04/05
  • メディア: 単行本


「赤い花」は著者のお父さんである中上健次氏が好きだったアンスリウムのことのようだ。
ミャンマーの旅がつづられていたのだけど、本当に内容を覚えていない。
なら感想なんて書かなくてもいいのだけど。


民主化して、ビジネスの対象として注目の国だけど、私としては発展する前にのんびり旅してみたいなと思っています。
nice!(0) 
共通テーマ:

『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言った』読みました [今日のつぶやき(books)]

最近借りた本。タイ山岳民族の村に暮らす日本人の話。
東南アジア関連の書棚にあったので、少数民族の暮らしがわかるかな、と思い手にとって見ました。

「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言った: タイ山岳民族カレンの村で

「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言った: タイ山岳民族カレンの村で

  • 作者: 吉田 清
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 2012/04/06
  • メディア: 単行本



が、印象に残ったのは、著者が亡くなった奥さんの闘病生活で躁うつ病を患ってしまったことと今の奥さん(タイの山岳民族)に出会ったことから、少しずつ暮らしを取り戻していく様子でした。
淡々と書かれてあったけど、病気の看病のつらさや奥さんを亡くしたことの喪失感などは相当なものだったのだろうな。自分でもいつかそんな事態がおこるかもしれないだけに、ちょっと身にしみました。
元気でバイタリティのある年下の奥さんと出会ったことで、この著者が癒されていく部分があったというのは、近藤紘一氏が最初の奥さんを亡くしたあとに出会った「ダリアのような」笑顔のナウさんに惹かれていくのと、どこか共通するものがあるのかもと思って読んでいました。

タイ山岳民族の村の暮らしは、日本人とは考え方や習慣の違いから、衝突することも多いけれど、「生きていく」ということにとてもシンプルで気づかされることが多い、と著者は書いている。

なんだかいろんなものを背負い込んで、生きづらさを抱えている多くの日本人。
タイの山岳地帯まで行かないまでも、日本を脱出してしか、背負い込んだものを捨てられないのかもしれません。

本のタイトルは「死んだ者は、遺された者が悲しんで食べないでいることを望んでいるだろうか?
そではない、遺された者に生きて欲しいと願っているはずだ。だから遺された者は食べなけばならない」という放浪修行僧トォン師の言葉だそうだ。

なんとなく手にした本ではありましたが、ちょっと心に引っかかるノンフィクションとなりました。

nice!(0) 
共通テーマ:

グレゴリ青山さんの本読みました。 [今日のつぶやき(books)]

高野秀行さんのブログにいいと書いてあった著者だったので、図書館で見かけて即借りてみました。
マンガですが、コミックスではなく本棚に並んでいました。
ちなみに女性の方です。最初、男の人だと思って読んでいて途中で、え?と思った。

面白かったのはこの2冊。
とてもとても旅に出たくなります。ツーリストではなくトラベラーとして。
横浜から船で上海に行ってみたくなる。

旅で会いましょう。 (大人の週末バックパック)

旅で会いましょう。 (大人の週末バックパック)

  • 作者: グレゴリ青山
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本

ふたたびの旅。―大人の週末バックパック

ふたたびの旅。―大人の週末バックパック

  • 作者: グレゴリ青山
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本


12年も前の本なので、旅行ガイドにはならないかもだけど、旅の楽しさや出会いがいっぱいです。

こちらもまずまず面白いかった。でも、著者の趣味って結構特殊なような。。。
インド映画に古い日本映画。オタクっぽくはないので、楽しめます。

旅のグ〈2〉月は知っていた

旅のグ〈2〉月は知っていた

  • 作者: グレゴリ青山
  • 出版社/メーカー: 旅行人
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本



↓こちらも借りてみました。なかなか楽しめましたが、ちょっとアクが強いかも。

グ印観光

グ印観光

  • 作者: グレゴリ青山
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本

田舎育ちの自分は、住人側の目線で見てしまったこの本。
田舎で暮らしたいわけでもないのに、都会がなくちゃ困る人が住んだら、いつかは出てくよなぁ。
田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円

田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円

  • 作者: グレゴリ青山
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



最新刊は予約待ちだけど、旅の話みたいだから楽しめるかな?

旅のうねうね

旅のうねうね

  • 作者: グレゴリ 青山
  • 出版社/メーカー: TOKIMEKIパブリッシング(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/07/31
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ:

宮田珠己さんの本読みました [今日のつぶやき(books)]

引き続きbookレビュー。

角幡本よりさらに前に読んでいた宮田珠己本。
全くテイストは異なって、ただ楽しめ、笑える本です。
そういえば会社の先輩(男性)の文体に似ていると思ったのだが、先輩も読んだことあったのかな?
旅の理不尽 アジア悶絶編 (ちくま文庫)

旅の理不尽 アジア悶絶編 (ちくま文庫)

  • 作者: 宮田 珠己
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/05/10
  • メディア: 文庫

わたしの旅に何をする。 (幻冬舎文庫)

わたしの旅に何をする。 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 宮田 珠己
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 文庫


図書館のベトナム関連の書棚にあったのでこれも読んだ。
ふしぎ盆栽ホンノンボ (講談社文庫)

ふしぎ盆栽ホンノンボ (講談社文庫)

  • 作者: 宮田 珠己
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/02/15
  • メディア: 文庫

私のホーチミン旅では見つけられなかったな。今度行くことがあったら、ちゃんと事前に借りて探してみたい。

変わった東南アジア旅行記として楽しめた↓。
ミャンマーの「ナッ」って、タイの「ピー」とかベトナムの「コン・マ」「コン・キ」とかとおんなじようなものなんだろうか。
東南アジア四次元日記 (幻冬舎文庫)

東南アジア四次元日記 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 宮田 珠己
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/07
  • メディア: 文庫


変わったテーマで旅するシリーズのここまでは読んだ。
知ってる場所がチラホラあるので、それなりに楽しめた。が、個人的に巨大仏を見に行くかといえばそれはNOだ。

晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

  • 作者: 宮田 珠己
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 文庫


ジェットコースターは苦手なので、借りなかった。

読んだのはここらあたりまで。

ときどき意味もなくずんずん歩く (幻冬舎文庫)

ときどき意味もなくずんずん歩く (幻冬舎文庫)

  • 作者: 宮田 珠己
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 文庫

しかし、↓この本を読んで名古屋の人とか秋田の人とか気を悪くしないのだろうか。
日本全国津々うりゃうりゃ

日本全国津々うりゃうりゃ

  • 作者: 宮田 珠己
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2012/03/23
  • メディア: 単行本


河出書房新社のwebマガジンでやってる石紀行はなかなか面白い。
「いい感じ」の石の写真が楽しい。
著者のベクトルと自分の好きなものが合うと楽しいんだけどな。

nice!(0) 

角幡唯介さんの本読みました [今日のつぶやき(books)]

読み貯めた(?)本のレビューを引き続き。

高野秀行さんの早稲田大学探検部後輩、第8回 開高健ノンフィクション賞、第42回大宅壮一ノンフィクション賞受賞ということで読んだ本。
空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

  • 作者: 角幡 唯介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/11/17
  • メディア: 単行本

面白い。ノンフィクションでページの先が気になる本は初めてでした。
図書館で借りたのですが、2回読み返してから返却しました。
GoogleEarthがあり、今や未踏の「探検できる場所」なぞほぼ無くなっている中で、「空白」とされるチベットはツアンポー峡谷を探検した記録。
日本とはスケールの違う険しい峡谷の厳しい行程。踏み出した一歩が命の危険に関わるかもしれない環境。
危機的な飢餓。希望と落胆。著者が本を出版しているのだから、無事帰還したに決まっているとは思っても先が気になる。
どうしてこんな大変なことをやり遂げたいと思うのだろう。。。
探険とは隣り合わせの死を意識しているからこそ、本物の探検なのだ、というようなことがあとがきにあったけれど、読者もそこに引き込まれてしまうのだと思う。

早速次が読みたくなって、借りたのはこれ。
雪男は向こうからやって来た

雪男は向こうからやって来た

  • 作者: 角幡 唯介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/08/26
  • メディア: 単行本

雪男、ヒマラヤのイエティを追いかけて亡くなった日本人探険家や、有名登山家である目撃者への取材、実際にヒマラヤでの探索などから、雪男と呼ばれる者がなんであったのかを解いている。
「空白の5マイル」ほどの冒険ではないけれど、「実際にそこに行ってみる、体験してみる」ことを大事にしているので、雪崩に巻き込まれて亡くなった探険家はそのときそこで何があり、何を見、何を感じていたのだろうという想像がリアリティを持って感じられる。

過去の探検家の綿密な調査、取材、そして何よりもその探検家の行った場所を体験してのルポルタージュ。
この著者らしい冒険スタイルは、最新刊でももっと明確に打ち出されている。
アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極

アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極

  • 作者: 角幡 唯介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/09/26
  • メディア: 単行本

北極の雪原をソリを曳いて何百kmも歩くという、本格的な冒険を行っている。
口唇ヘルペスが悪化して、血がつららになった写真はなかなか壮絶でした。
フランクリン隊の生き残りが、食料のある船に向かわず、なぜ川を遡っていったのか、という疑問に対する考察は、実際に歩いたからこそ導き出せたものなんだなと思う。
130年前の北極探検隊の旅は、予想した通りとはいえ壮絶で衝撃でした。

↑の前に出版された初エッセイ本も読みました。
探検家、36歳の憂鬱

探検家、36歳の憂鬱

  • 作者: 角幡 唯介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/07/21
  • メディア: 単行本

ほんと文章力のある人です。ブログで見た文章もあったけど、ユーモアもあるしどれも読ませます。
「合コンでモテない話」には、こんな人を彼氏にでも持ったら心配で大変だろうなと思った。

ブログを見るとまた北極に行っている様子。
ブログのタイトルは3回雪崩にあって生還したことからついてるらしいけれど、ほんと幸運な人なんだな。
角幡さんが探検にでなければハラハラするノンフィションには読めないけれど、危険な目にあって本が読めないのも困るので、無事に帰ってきてまた面白い本を書いて欲しいもんです。

nice!(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 今日のつぶやき(books) ブログトップ