So-net無料ブログ作成
今日のつぶやき(movie) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

『風が強く吹いている』見ました [今日のつぶやき(movie)]

今年初めに「箱根駅伝」とすれ違ったこともあるし、林遣都君を大きなスクリーンで見なくちゃ!と見に行ってきました。

さわやかな、見た後に前向きになれるとてもいい映画でございました。
途中、神童とお母さんの電話シーンは涙を禁じえませんでした。
「トワイライト」のベラ並みに運動音痴の私でも、走ってみようかなと思わせてくれました。
ハイジの小出恵介くん、TVドラマでちょっと見るくらいであまり知らなかったのですが、暖かいリーダーがはまり役でした。
自分が一度失った「駅伝出場」の夢。それを自分の力で、あきらめず仲間を奮い立たせて向かっていく。
10人のメンバー一人一人の持ち味、良さを生かしての1区から10区の割り当ては爽快。
私たちがすれ違ったのは往路の8区なのかな?
遠くに富士山を望み、海岸を横に見て走るランナーの空撮も美しゅうございました。

天才ランナー カケル役の林遣都くんの走りは美しく、本当にきれいでした。
陸上連盟からスカウトを受けたというだけあって、上半身がぶれない、文字通り駆けていくようなフォーム。
ハイジとカケルの絆もすごく良かったです。

やる気がない(ようにカケルには見える)王子を非難するカケルをたしなめるハイジの言葉が、王子の心にもカケルの心にもしみて、10人がまた一丸となっていったように思います。
いつも子供を怒ってばかりですが、「素直に頑張りを認めてあげ」ることが大事なんだと反省しました。

しかし、子供に付き合って見ていた番組で見かけた人が多いこと。
マジレンジャー(神童)、仮面ライダー電王(王子)、ウルトラマンメビウス(キングとカケルのライバル役)。
また、あとで調べてみたら合宿シーンは白樺湖と車山高原で撮影されたとか。
この夏にドライブで行ったところではないですか!
また映画館に見に行かなくては。

そもそも原作が素晴らしいというレビューを見て、映画では見られなかったほかのメンバのエピソードも知りたいし、買うぞ!と本屋にいったけれど売切れていました。
三浦しをんさんの小説は面白いらしいので、他の本も読んでみようと思います。

nice!(1) 
共通テーマ:映画

『バッテリー』見ました [今日のつぶやき(movie)]

11月ももう中旬。
ブログ更新はほぼ月1~2ペースなので「今日のつぶやき」というより「今月のつぶやき」になってる(-_-;
今月は最近見た映画の感想など綴ろうと思います。

「バッテリー」

バッテリー [DVD]学級閉鎖で時間をもてあましている長男用に借りてきたのだけれど、最後まで見なかったので私一人でみました。
美しい岡山の風景の中に、少年達の友情、葛藤、野球への情熱、家族愛が描かれたいい映画でした。
さすがに私の年齢になると、母親目線で見てしまうので、
「あんなに青波ばかり気にしていたら、巧がひねくれるだろう」とか思ってた。

明るい笑顔が素敵な豪役の山田健太くん、孤高の豪腕ピッチャー巧役の美しい(!)林遣都くんも映画の魅力です。
図書館で「バッテリーSCOREBOAD」も借りました。

バッテリーSCORE BOARD監督の滝田洋二郎さんのイタンビュー記事に
「何かにまっすぐに向かう少年役は、美しくなきゃいけないと僕は思うんです」
とあったけれど、林遣都くんのその後の青春スポーツ映画の主演ぶりを見れば納得です。
容姿の美しさもさることながら、投球フォーム、トレーニング姿も見ほれてしまいます。

原田巧は『野球に選ばれた少年』だけど、林遣都は「映画に選ばれた少年」。
もう「少年」の年齢は卒業かな?
このまま真っ直ぐに「映画俳優」として成長して欲しい俳優さんです。
この後も大きなスクリーンで会いたいです。
nice!(0) 
共通テーマ:映画

未来少年コナンDVD [今日のつぶやき(movie)]

ぼんやりしてる間に6月も半ばとなってしまいました。
最近の図書館通いでは、DVDも予約して借りています。

3月までは「トムソーヤの冒険」を、先月からは「未来少年コナン」を借りています。
子供にバトルものばかりの最近のアニメとは違って、ちゃんとお話が面白いアニメを見せたいと思ったからです。
未来少年コナン6・7巻
コナンは私が中学生のときに放映していて、再放送でも少し見ていました。
が、さすがに30年前なのでストーリーはほとんど忘れていて、新鮮に見ることが出来たのでした。

最初に驚いたのが、冒頭のナレーション。
「西暦2008年7月、人類は絶滅の危機に瀕していた。・・・・」
え?これって去年の話!
TVで見ていた頃は遠い遠い未来だった地球絶滅の年が、去年になっていたとは。
自分も年をとったんだなぁ。。。と妙に感心してしまいました。

ストーリーが進んでいくと気がつくのが「天空の城ラピュタ」との類似点。
パズー=コナン、シータ=ラナ、ムスカ=レプカ、ゴンドワの谷=ハイハーバーの設定。
強力な武力で世界制服を目論む悪に少年と少女が立ち向かうというストーリー。
平和に農業を営む村が桃源郷的に描かれているのは、「風の谷のナウシカ」とも重なります。
きっとコアなファンの人はラピュタが作られた頃から知っていたのでしょうねぇ。
私は全く気づきませんでした。

トムソーヤもそうですが、質のいいアニメは30年前のものであっても遜色ないです。
子供たちも夢中で見ていました。
リミテッドアニメーションなのかもしれませんが、ストーリーもところどころちちばめられた笑いのシーンも、魅力的なキャラクターもアニメーションならではの演出に満ちていて、楽しめます。
自分が子供の頃、毎週楽しみに見ていたアニメを、大人になって自分の子供と見るというのは、なかなか感慨深いものです。

今子供たちが見ているアニメのうち、親になったとき子供と一緒に見たいと思うのはどれなんだろう。。。
やっぱり、ポケモンかな?
nice!(0) 

ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛 Blu-ray特典映像 [今日のつぶやき(movie)]

私が買ったのはこれ
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 (Blu-ray Disc)


Blu-ray特典映像として「サークルヴィジョン」があったけれど、これってDVDにはないみたいですね。
「城への夜襲シーンを解く」というサブタイトルです。

夜襲シーンについてスタントや衣装担当、特撮担当などのスタッフ、アダムソン監督の音声解説があります。
あとお城をぐるっと一回りする映像に裏話の映像や、舞台裏、トリビアなどがちりばめられています。
力を入れて撮影したシーンだけあって、セットとミニチュアとの合成、夜の撮影の苦労やスタントの様子がわかって、なかなか面白いです。
夜襲シーンはひいきのスキャンダーくんは別撮りのようなのであまり登場していないのが残念。
やはり夜の撮影は未成年には許可されないのだろうか(ある意味当たり前か)。
あと、C.S.ルイスとスーザン役のアナ・ポップウェルさんは大学の同じ学寮なのですって。
なんというか、ちょっとイギリスの歴史を感じるトリビアです。

音声解説のほうもいろいろ裏側がわかって本編を見るのとは別の楽しさがあります。
skandar_lip.jpg
このシーン、なーんか唇をかみ締めてるなーと思ったら、撮影の途中で唇に何かぶつかって、腫れていたのだそうな。
氷を含んでいたとか。

撮影の裏側を覗くと、ほんとに楽しそうに撮影していたのだなぁと思います。
次回作は監督がかわるけれど、アダムソンさんはプロデューサーとして関わることになるそうです。
1月からメキシコで撮影開始らしいですが、ルーシーとエドマンドがどんなに成長しているのか楽しみです。
nice!(0) 

『インファナル・アフェア Ⅱ・Ⅲ』もみました [今日のつぶやき(movie)]

レンタルショップが旧作100円企画をやっていたので「インファナル・アフェアⅡ 無間序曲」と「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」を借りてきた。
ほんとは「悲情城市」を借りたかったのだけれど、置いてなかった。残念。

ⅡはⅠの前のお話で、トニー・レオンさんアンディ・ラウさんではなくて、二人の若い頃を演じていた役者さんが主役?です。
そのせいかなんとなく、ヤンとラウのイメージが違って見えました。
ラウ刑事のクールというか知的な感じがなくて、違う人みたい。
いわゆる前日譚で、舞台の背景が描かれています。キョンとの出会いがいい感じ。

Ⅲはヤン殉職の前後の出来事が、バラバラに出てくるので気をつけてみていないと、この電話はワナ?という場面を見逃しそうでした。
ラウ刑事の苦悩の果ての悲劇。
過去と現在がフラッシュバックのように入れ替わる映像、誰が味方なのかわからないハラハラ感。
やっぱり、トニー・レオンさん、アンディ・ラウさんの2大スターが出演しているだけあって、Ⅱより面白いと思いました。

中国返還前に1回だけ行ったことのある香港。
そのとき乗った地下鉄やフェリー、香港島のビル群なんかを思い出してみていました。

nice!(0) 
前の5件 | 次の5件 今日のつぶやき(movie) ブログトップ