So-net無料ブログ作成

片付け2017(3)食器棚 [整理整頓と片付け]

本多さおりさんの本を読んで実践しなくては!と思ったのは、使うものの頻度に合わせた収納。
食器棚もクローゼットも納戸もモノが増えてきて、しまいにくいし、取り出しにくくなっています。

食器棚を見ると、
 「ほとんど使っていないけど、食器棚にそのまま置いてある浅漬け用器」
 「気に入って買ったマグカップよりも、景品で貰ったものが取り出しやすい場所にある」
 「沢山あるモロゾフのプリンカップをコップに使っていて場所をとっている」
などなど、使う頻度と取り出しやすさという点ではNGな状況。

さらに
 「気に入っているけれど取り出しにくくて、あまり使っていない食器」
があったり、納戸には
 「子どもが食器を割らないようになったら使おうと思っていた大皿」
がしまわれていたり。。。
大皿は割れても気にならないものを使っていました。


あるから使っている食器のせいでお気に入りの食器が使えていない状況だったことに改めて気が付きました。


こうなったら食器のリストラしかありません。
プリンカップは少しだけ残して、ビン・缶のごみに出しました。
景品のマグカップやお皿、かつて使っていたけれど今は趣味に合わない食器は不燃ごみに。
funenn.JPG

他にもキッチンしまわれたままになっていた空き缶や使わない調理器具なども一緒にサヨナラ。

まだ使える食器を捨てるのはやはり気が引けました。
引き出物や頂き物は、その気持ちだけを有り難く受け取って、モノとしては本当に使って貰えるところへ手放すことにしようと思います。


それでもまだまだ食器は多く、スッキリにはほど遠いのですが、これからは気に入ってるお皿の登場回数を増やしたいなと思っています。
favorit.JPG

nice!(2) 

nice! 2